不動産担保融資で理解しておきたいこと

不動産担保融資はまとまった資金を大きく借入できる魅力ある融資です。

借りられる金額が大きい、また金利が低く設定されているなど、不動産担保融資はとても利点が多いものですが、計画的に利用しないと所有している不動産を手放さなければならないということも、頭に入れておきたいものです。

利点としては低金利でまとまった資金が借入できる、またおまとめ資金に利用する場合、返済管理が楽になるというほか、返済残額が低くなるという利点もあります。

不動産を担保にしているということは、担保に入れている不動産に抵当権、根抵当権設定がされているということになります。

つまり、返済できないということになった場合には、借入を行っている金融機関が不動産売却を行う事ができ、その売却金額から残額を回収するということになります。

計画的に利用する分にはとても利点のある不動産担保融資、でも返済が滞ると大きな損失となるということを理解しておきましょう。

[お役立ち情報]国のローン?…利付国債 | 日本証券業協会