ローンの借り換え

最近、おまとめローンとかローンの借り換えという話をよく聞きます。

借り換えというのは、今持っているローンを低い金利の別のローンに借り替える、ということです。

つまり、金利が低くなり返済残額が低くなる自分にとって有利なローンを組むということです。

新たに金利の低いローンを組むことで、今借入しているローンを一括返済するという方法です。

借り換えで一番利用されているのが住宅ローンの借り換えですよね。

またこれ以外だと、複数のフリーローンを持っているいわゆる多重債務となっている状態の方が、借り換えによって複数の返済を一括返済し、残額を低くして返済を楽にするために利用されています。

住宅ローンの借り換えに利用する場合に気をつけておきたいのが、担保評価です。

住宅ローンの借り換えを行う際に、担保評価もその時点で行われるので、担保われを起こしていることもあります。

その場合新たな登記費用や事務手数料などの諸費用等を一緒に考えると、金利が安くても負担が大きくなるため、良く考えて行う必要があります。