知っておきたい不動産担保の先順位

不動産担保には、抵当権、もしくは根抵当権がついてきます。

これは抵当権を設定することで、もしも貸付したお金が回収できないということになった場合、その不動産を競売に出しそこから回収を行う事ができるため、設定するのです。

ただ競売にかける不動産に価値があると判断しても、先順位の担保権が大きい、という場合には、配当が受けられないということになるので、この場合抵当権を設定する意味が全くなくなってしまうため、調査等が行われます。

その調査は登記簿謄本、もしくは登記時効証明書によって行う事ができます。

この不動産登記簿謄本や登記事項証明書には、目的不動産の先順位の内容が記されています。

ここで先順位についてしっかり把握し、確認するという調査が行われるのです。

登記事項証明書や登記簿謄本は誰でも取得できるので確認することは容易です。

不動産担保ローンは魅力あるものですが、こうした面倒なこともあるのですね。